カートに追加しました

目次

【第一特集】ドイツ観念論と理性の復権 主幹 三重野清顕
「ドイツ観念論」とはなにか?―あるいは「ドイツ観念論」はなぜそう呼ばれるべきではないのか? 大河内泰樹
ドイツ観念論年表 池松辰男
悲劇における時間――ヘルダーリンの時間論的思考をめぐって 三重野清顕
理性と歴史 桑原俊介
ヘーゲルにおける「反復」と「想起」―『精神現象学』における本来の「反復」としての「想起」 山田有希子
無限と有限の中間領域における知――ザロモン・マイモンの哲学 多田圭介
理性技術と国家――フィヒテの歴史哲学における理性の復権 中川明才
生きている哲学――ヤコービの「無知の学」と「信の実在論」が向かう先 下田和宣
観念論論駁への途上で――カントの超越論的観念論をめぐる批判と応答 城戸淳
啓蒙時代の人文主義――ニートハンマーの哲学と教養形成論 阿部ふく子
理性の他者・生成としての自然 中島新
形而上学の根本的問いに対するシェリングの答え――『啓示の哲学 初稿』における マルクス・ガブリエル[加藤紫苑・訳]
解題――マルクス・ガブリエル「形而上学の根本的問いに対するシェリングの答え」を読むために 浅沼光樹

【第二特集】「恋愛論」
江戸の情炎――近世日本における「恋」の諸相 板東洋介
愛し合う身体と言葉のゆくえ――『ロミオとジュリエット』における愛、性、結婚 伊澤高志
恋愛という「宿痾」を生きる 宮野真生子
『万葉集』の恋歌と神 村田右富実
エロース、アガペー、カリタス――ルージュモンからアウグスティヌスへ 山本芳久
タブーは破られるためにある――エロティシズムにおける禁止と侵犯 佐々木雄大
続きを読む

商品概要

発行元
堀之内出版
流通委託先
トランスビュー
発売日
2015/12/07
ページ数
312p
ISBN
978-4-906708-69-7
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
0010 / 13

取次経由でのご注文が可能です。ご希望の場合は、お電話(042-682-4350)またはFAX(03-6856-3497)にてお願いいたします。

ページトップへ