カートに追加しました

授業 俳句を読む、俳句を作る

青木 幹勇【著】

発行元:太郎次郎社エディタス

ジャンル: 教育

2011/06/14

ISBN: 978-4-8118-0746-1

¥ 1,800 (税別)

授業 俳句を読む、俳句を作る

青木 幹勇【著】

発行元:太郎次郎社エディタス

ジャンル: 教育

2011/06/14

ISBN: 978-4-8118-0746-1

¥ 1,800 (税別)

内容紹介

子ども俳句のコンテストへの応募者は20万人。みずみずしさ、独創的な感覚、意表をつく表現は、子どもたちを魅きつけます。子ども俳句から出発し、物語による俳句指導に至るまで、短詩型文学の授業の楽しさが語られ、教室や家庭で、子どもとの対話が生みだされます。1992年に刊行された授業記録の復刊です。
続きを読む

目次

はじめに

第一章 俳句は子どもの感性を鋭くする
  子ども俳句に開眼する
  やきたてのクッキーみたいな春の風
  自分にも作れそうだと思わせる
  俳句学習は片隅におかれている
  俳句のよさは伝わっていた

第二章 俳句を読む
  抵抗感をもたせない
  子どもの作品で詩心{うたごころ}をゆさぶる
  どのように句意を理解させていくか
  ◎子どもに知っている俳句を聞く◎子ども俳句ブームについて話す
  ◎子ども俳句を紹介する◎教材を書き写させる◎句意を考える
  ◎音読してみる◎クイズ仕掛けで句を解釈する◎俳句を散文にしてみる
  ◎俳句的表現の特徴に気づかせる

第三章 俳句を作る
  なにを手がかりにして作句するか
  ◎教師の作句経験が授業を豊かにする◎子どもの発語を敏感に受けとめる
  ◎写生の句と、想像を交えた句◎読むことと書くことを一体化する
  物語を読んで俳句を作る
  ◎なぜ、「ごんぎつね」を選んだか◎知っている俳句をたずねる
  ◎「見て作る」と「読んで作る」◎物語俳句を提示する
  ◎「ごんぎつね」の復習をする◎「ごんぎつね」から季語を見つける
  ◎季語を場面をつなぐ◎欠落を埋めて一句にまとめる◎作句にとりかかる
  ◎作品を発表する◎どんな作品ができたか◎子どもの作句感想から
  俳句学習でことばをみがく
  俳句学習の世界を広げる

第四章 【授業記録】俳句を作る
  知っている俳句を発表する
  「見て作る」と「読んで作る」
  「ごんぎつね」の復習をする
  「ごんぎつね」から季語を見つける
  季語を場面をつなぐ
  欠落を埋めて一句にまとめる
  作句にとりかかる
  作品を発表する
  俳句づくりのすすめ

第五章 子どもに学ぶ
  子どもにもらった「授業論」
  授業のなかの子どもの視点
  ◎先生はこわい?◎教師の表情とは◎授業の楽しさとは
  ◎時間を短く感じるとは◎遊びのような授業で、いつのまにか……
  ◎教師のパワーとは
  俳句を生活に広げる
----------
この本でとりあげた子ども俳句一覧
続きを読む

著者略歴

青木 幹勇【著】

1908年、高知県に生まれる。2001年12月没。
宮崎県師範学校専攻科卒業。同附属小学校をへて、東京高等師範学校、東京教育大学(現・筑波大学)の附属小学校にて長く教鞭をとる。
1953年より25年にわたり、NHK「ラジオ国語教室」放送を担当。
月刊誌『国語教室』編集・発行責任者。授業研究サークル「青玄会」代表。
『青木幹勇授業技術集成』全5巻(明治図書)、『子どもが甦る詩と作文』『生きている授業 死んだ授業』『第三の書く』『授業・詩「花いろいろ」』『授業・詩を書く「風をつかまえて」』(以上、国土社)など著書多数。
作句歴としては、臼田亜浪、田川飛旅子に師事したのち、無花果句会に所属し、同会を主宰。句集に『露』『風船』『滑走路』『牛込界隈』がある。
続きを読む

商品概要

発行元
太郎次郎社エディタス
発売日
2011/06/14
ページ数
168p
判型(実寸)
210mm × 148mm
ISBN
978-4-8118-0746-1
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
0037

取次経由(返品可)、直取引ともに承ります。お気軽にご注文ください。

ページトップへ