カートに追加しました

これ、本当に「食べもの」ですか?

天笠啓祐【著】

発行元:食べもの通信社

ジャンル: 人文

2024/03/07発売

¥ 1,300 (税別)

搬入日(直取引):原則ご注文日の翌営業日に発送いたします。ご注文時間によっては発送が1日程度遅れる場合もございます。

搬入日(取次):原則ご注文日の翌々営業日に取次搬入いたします。ご注文時間によっては搬入が1日程度遅れる場合もございます。

これ、本当に「食べもの」ですか?

天笠啓祐【著】

発行元:食べもの通信社

ジャンル: 人文

2024/03/07発売

¥ 1,300 (税別)

搬入日(直取引):原則ご注文日の翌営業日に発送いたします。ご注文時間によっては発送が1日程度遅れる場合もございます。

搬入日(取次):原則ご注文日の翌々営業日に取次搬入いたします。ご注文時間によっては搬入が1日程度遅れる場合もございます。

内容紹介

・フードテック
・昆虫食
・培養肉
・ゲノム編集
・遺伝子組み換え…etc.

食べものとは本来、人間と自然との関係が詰め込まれたもの。
土とそこにいる微生物、太陽、そして水が生物をはぐくみ、それを人間がいただくという
人間と自然との有機的なつながりの中にあります。
それを断ち切った形で作られるこのようなものを食べものといえるのでしょうか――。

【もくじ】
はじめに
第1章 変わりつつある食の世界
第2章 遺伝子を操作する食とは?
第3章 ゲノム編集食品の現状
第4章 遺伝子組み換え食品をめぐる新たな動き
第5章 化学農薬からバイオ農薬へ
第6章 フードテックとは何か? 何が問題か?
続きを読む

目次

はじめに

第1章 変わりつつある食の世界
・食べものとは?
・食品表示も変えられ、選べない
・進むハイテク戦略

第2章 遺伝子を操作する食とは?
・遺伝子操作とは?
・品種の改良の違い
・遺伝子組み換えやゲノム編集の方法

第3章 ゲノム編集食品の現状
・米国でのゲノム編集食品、失敗の歴史
・米国で新たに3種類が登場
・日本ではトマト、マダイ、トラフグが食卓に

第4章 遺伝子組み換え食品をめぐる新たな動き
・スギ花粉米が復活
・GMズッキーニが違法流通
・GM食品の現状 
・遺伝子組み換え食品の問題は?
・カナダで遺伝子組み換え鮭の撤退

第5章 化学農薬からバイオ農薬へ
・農薬の歴史
・農薬は生命を殺す毒物
・除草剤グリホサートの毒性
・最もグリホサートで汚染されている食品はパン
・そして登場したRNA農薬

第6章 フードテックとは何か? 何が問題か?
・新たな食べものが投資の対象に
・フードテックの3種類
・増え続ける植物由来の代替肉
・代替肉の本命・微生物たんぱく質が登場
・安全性が確認されていない昆虫食
・フードテックの本命・培養肉
・低価格化が競争に 
・日本の企業の動き
・海外の企業の動き
・食べものといえるものなのか?
続きを読む

著者略歴

天笠啓祐【著】

雑誌『技術と人間』編集者を経て、現在フリー・ジャーナリスト、市民バイオテクノロジー情報室代表、日本消費者連盟顧問。
主な著書に『暴走するバイオテクノロジー』(金曜日)、『ゲノム編集食品の真実』(日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン)ほか多数。
続きを読む

商品概要

発行元
食べもの通信社
発売日
2024/03/07
ページ数
128p
ISBN
978-4-7726-7718-9
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード
0036 / 03
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト)

画面の在庫情報は実際の在庫とは連動しておりません。
「在庫有り」になっているものでも、「品切」のお返事を差し上げることがあります。
刊行前の商品もご予約いただけますが、
刊行時期の変更や刊行時に価格が変更になる場合がございます。
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

ページトップへ