カートに追加しました

福島原発事故は人びとに何をもたらしたのか : 不可視化される被害、再生産される加害構造

関 礼子【編集】

発行元:新泉社

ジャンル: 人文

2023/09/08発売

¥ 2,500 (税別)

搬入日(取次):注文日の翌々営業日の搬入となります。(八木書店様へは毎週水曜・金曜の搬入となります。)

福島原発事故は人びとに何をもたらしたのか : 不可視化される被害、再生産される加害構造

関 礼子【編集】

発行元:新泉社

ジャンル: 人文

2023/09/08発売

¥ 2,500 (税別)

搬入日(取次):注文日の翌々営業日の搬入となります。(八木書店様へは毎週水曜・金曜の搬入となります。)

内容紹介

〈「復興」と「再生」のなかで増幅され埋もれていく被害〉原発事故がもたらした大きな分断と喪失。事故に至る加害構造が事故後に再生産される状況のなかで、被害を封じ込め、不可視化していく力は、人びとから何を剝奪し、被害を増幅させたのか。複雑で多面的な被害を生き抜いてきた人びとの姿を見つめる。〈「福島の復興なくして、日本の再生なし」という掛け声のもと、避難指示区域の除染と解除、住民の帰還推進とそのための復興事業が行われてきた。だが、「復興」は内実を省察しなければ「神話」となり、批判してはならないタブーになる。復興すべき地域や人の生活が「復興災害」に見舞われることも懸念される。見えない被害、埋もれていく被害、新たに生まれる被害に敏感であることの重要性は、本書の事例が示している。被害の様相は浅くもなり、深くもなっている。多くの苦難を抱きつつも、より良い生を希求し続ける人びとの声に今後も丁寧に耳を傾けていく必要がある。——編者〉【執筆者】藤川 賢/長谷川公一/平川秀幸/高木竜輔/西﨑伸子/除本理史/小山良太/望月美希/野田岳仁/廣本由香/林 勲男
続きを読む

目次

序章 不可視化される被害と再生産される加害構造……関 礼子
I 福島原発事故の〈加害—被害〉構造——史上最大の公害事件の背景
第1章 福島原発事故がもたらした分断とは何か……藤川 賢
第2章 原発城下町の形成と福島原発事故の構造的背景……長谷川公一
第3章 不安をめぐる知識の不定性のポリティクス——避難の合理性をめぐる対立の深層……平川秀幸
II 被害を封じ込める力、被害に抗う力
第4章 避難者を受け入れた被災地域の葛藤……高木竜輔
第5章 避難指示の外側で何が起こっていたのか——自主避難の経緯と葛藤……西﨑伸子
第6章 原子力損害賠償制度の不合理——被害者の異議申し立てと政策転換……除本理史
第7章 農林水産業は甦るか——条件不利地の葛藤と追加的汚染……小山良太
コラムA 農地の除染が剝ぎ取るもの……野田岳仁
III 「復興」と「再生」のなかで——増幅され埋もれていく被害
第8章 「ふるさとを失う」ということ——定住なき避難における大堀相馬焼の復興と葛藤……望月美希
第9章 「生活再建」の複雑性と埋もれる被害……原口弥生
第10章 福島原発事故からの「復興」とは何か——復興神話とショック・ドクトリンを超えて……関 礼子
コラムB 未完の復興——福島県広野町のタンタンペロペロの復活と交流の創出……廣本由香
コラムC 原発事故の記憶と記録——展示とアーカイブの役割……林 勲男
終章 加害の増幅を防ぐために——被害を可視化し、「復興」のあり方を問う……原口弥生
続きを読む

商品概要

発行元
新泉社
発売日
2023/09/08
ページ数
296p
ISBN
978-4-7877-2303-1
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード
1336
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト)

ページトップへ