カートに追加しました

向日葵を手折る

彩坂 美月【著】

発行元:実業之日本社

ジャンル: 文庫文芸

2023/06/05発売

¥ 900 (税別)

 注文不可

向日葵を手折る

彩坂 美月【著】

発行元:実業之日本社

ジャンル: 文庫文芸

2023/06/05発売

¥ 900 (税別)

 注文不可

カートに入れる

内容紹介

消えた向日葵、連続する不穏な事件――
多感な少女の感情を繊細に描く、慟哭必至の傑作青春ミステリ

父親が亡くなり、山形の集落に引っ越した小6の高橋みのり。初めての夏、「向日葵流し」のために育てられていた向日葵の花が、何者かによってすべて切り落とされる事件が起きる。みのりの周囲ではさらに不穏な事件が続き――。彼女の4年間の成長と事件の行方を瑞々しい筆致で描く、感動の長編青春ミステリ。
第74回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門ノミネート作品。

「これほど自然の中に多感な思いがこめられた小説も珍しいのではないか。自然描写をしなくなった(いや出来なくなったといったほうがいい)作家が多いなかで、彩坂美月は、丁寧に一人の少女の内面と、過ぎていく季節の流れを追っていき、嫋々たる余韻を残す」
――池上冬樹氏の解説より抜粋
続きを読む

著者略歴

彩坂 美月【著】

山形県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。『未成年儀式』で富士見ヤングミステリー大賞に準入選し、2009年にデビュー(文庫化にあたり『少女は夏に閉ざされる』に改題)。他の著作に『ひぐらしふる』『夏の王国で目覚めない』『僕らの世界が終わる頃』『サクラオト』『思い出リバイバル』などがある。本作『向日葵を手折る』が第74回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネート。
続きを読む

商品概要

発行元
実業之日本社
発売日
2023/06/05
ページ数
512p
判型(実寸)
151mm × 106mm
ISBN
978-4-408-55809-7
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード
0193 / 31
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト)

ページトップへ