カートに追加しました

知らないとヤバい民主主義の歴史

宇山, 卓栄, 1975-

発行元:PHP研究所

ジャンル: 文庫人文

2023/06/05発売

¥ 860 (税別)

搬入日(取次):ご注文日の3営業日以内に取次搬入致します。☆営業日:月~金(祝日除く)

知らないとヤバい民主主義の歴史

宇山, 卓栄, 1975-

発行元:PHP研究所

ジャンル: 文庫人文

2023/06/05発売

¥ 860 (税別)

搬入日(取次):ご注文日の3営業日以内に取次搬入致します。☆営業日:月~金(祝日除く)

内容紹介

専制主義国家の台頭、格差の拡大、投票率の低下、貧困層の増加……国民が「主人公」のはずの民主主義国で弱肉強食の世界が広がりつつある。
民主主義は非常に脆い制度なため、この弱点を知らないと次第に「自由」「平等」は損なわれてしまうのだ。
民主主義の欠陥・限界を歴史から学ぶ。
かつて、チャーチルが「民主主義は最悪の政治形態であると言える。ただし、これまで試されてきた、全ての政治制度を除けば」と言っているように、民主主義は酷い制度です。しかし、歴史を振り返ってみれば、民主主義が現れる以前の政治制度はもっと酷いものでした。我々は民主主義という制度の枠組みを放棄したり、破壊したりすることはできません。民主主義とともに生きていくしかないのであれば、我々は民主主義について、よく知らなければなりません。(「はじめに」より)
●最も民主主義的と評価されたヒトラー
●社会主義は民主主義の最終形態?
●専制主義国家が支持されるのはなぜ?
●国民が「主人公」というまやかし
●民衆に国家を統治する能力はない⁉
●民主主義の欠陥から生じた南北戦争
●民主主義が豊かさを生むのか?
●民主主義は国民のための制度か?
間接民主主義は民主主義ではない?
民衆をバカ呼ばわりしたニーチェとオルテガ
●歴史が証明する民主主義の限界
●民主主義が格差を生むという矛盾
●官僚の腐敗は永遠に解決不可能?
世界史の事例から民主主義の正体を暴く!
『世界史で学べ! 間違いだらけの民主主義』を改題し文庫化。
続きを読む

商品概要

発行元
PHP研究所
発売日
2023/06/05
判型(実寸)
150mm × 105mm
ISBN
978-4-569-90321-7
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード
0130 / 31
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト)

ページトップへ