カートに追加しました

寺田寅彦『物理学序説』を読む

寺田, 寅彦, 1878-1935

発行元:窮理舎

ジャンル: 理工

2020/12/31発売

¥ 3,200 (税別)

搬入日(直取引):注文日の翌営業日に発送いたします。※営業日:月~金

搬入日(取次):注文日の翌営業日ないし翌々営業日に取次搬入いたします。※営業日:月~金 例) 金曜日にご注文→翌週月曜日ないし火曜日に取次搬入

寺田寅彦『物理学序説』を読む

寺田, 寅彦, 1878-1935

発行元:窮理舎

ジャンル: 理工

2020/12/31発売

¥ 3,200 (税別)

搬入日(直取引):注文日の翌営業日に発送いたします。※営業日:月~金

搬入日(取次):注文日の翌営業日ないし翌々営業日に取次搬入いたします。※営業日:月~金 例) 金曜日にご注文→翌週月曜日ないし火曜日に取次搬入

内容紹介

夏目漱石の高弟として多くの名随筆を残した寺田寅彦は、物理学者としてもスケールの大きい体系だった思想をもっていました。そのエッセンスをまとめたものが、今から百年前に書き起こされた『物理学序説』という未完の集大成です。本書は、“物理学者 寺田寅彦”の方法序説ともいえる『物理学序説』を、現代物理学の視点から新たに読み解いていきます。
また対談では、寅彦の物理学への思想の背景にあった漱石との関係などを、文学や歴史の観点から探っていきます。『物理学序説』原文および注釈に加え、門下の中谷宇吉郎による後書などの附録も充実させて収載。物理学を学ぶ人、研究する人、それぞれが自身の物理観を育て、反省する上での格好のビタミン剤となる書です!

「現代の理論物理学は、高度に数学化されている。学問の発展の段階では、その数学化が威力を発揮してきたことは否定できないし、実際に一般相対性理論では大成功をおさめた。肌感覚では一九八〇年代からその傾向が極端になり、かつやり尽くされたように思うが、そう思うのは私だけではないようだ。ここで一旦立ち止まり、集団思考から社会的距離をとり、自然を直視して、数学の言葉でなく自然言語で物理を語り、研究の新しい芽を探してみてはどうだろうか?
一方、実験も大規模になり長期間を要する「事業」へと変貌して久しい。そこには、個人の発想を生かすチャンスは少なくなる。それについて悩む若い研究者も多い。その中で自分の頭で考えて試してみたい人たちには寅彦が闇夜の道を照らす行灯になると思う。」(本書「はしがき」より)
続きを読む

目次

●はじめに
●寺田寅彦『物理学序説』を読む
(緒論:学問の起源、言語と道具/哲学と科学/自己と自己以外/物質科学と生物科学/物理学―物質科学の根柢としての/数学との関係 物理学の対象:物理学/物理学の対象/実在/感覚/数と空間時間/物質とその性質/因果律/偶然 物理学の目的とその方法:物理 まとめ 付記:執筆計画について 『物理学序説』執筆計画メモ:原文)
●物理学と文学の対話―『物理学序説』をめぐって―(千葉俊二氏との対談)
●物理学序説(寺田寅彦著) 
●附録・後書(自然現象の予報/事実の選択/偶然/後書:中谷宇吉郎)
●注釈
●あとがき
●寺田寅彦 略年譜
●参考文献
続きを読む

商品概要

発行元
窮理舎
発売日
2020/12/31
判型(実寸)
188mm × 128mm
ISBN
978-4-908941-24-5
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード
3042
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト) / 指定なし(デフォルト)

取次は西村書店さんから流通可能です。(西村書店連絡先、TEL. 03-5879-7687、FAX. 03-5879-7655)
直取引の場合はお手数ですが、0284-70-0640 までお電話いただけましたら幸いです。

ページトップへ