カートに追加しました

ぬくもり

内容紹介

江戸の“かわいい”が大集合!
事件にかかわる鳩、禅寺で暮らす犬……動物たちとの温かくも切ない関係を描く傑作アンソロジー。
●「迷い鳩」(宮部みゆき)
人には見えないものが見えるようになった娘・お初。道で出会ったろうそく屋の女将に不穏な幻を見たお初が、出奔した女中の一人が可愛がっていた鳩をきっかけに、事件の真相を解き明かす。
●「色男、来たる」(田牧大和)
鯖縞模様の三毛猫〝サバ〟が暮らす鯖猫長屋は、新たな店子が入らず、取り壊しの危機に陥った。そんな長屋のために、サバが飼い主の拾楽とともにひと肌脱ぐが……。
●「犬に仏」(小松エメル)
動物の言葉がわかる修行僧の少年・諒斎と、子犬のころに家族と死に別れて諒斎に拾われた犬・次郎。一人と一匹は、「犬は仏性を有するか、否か」という禅の公案に挑む。
●「カチカチ山」(櫻部由美子)
鳥や獣の言葉を聞くことができる〈頭巾持ち〉の家系に生まれた少年・乙吉。山深い里で母親と二人で暮らしていたが、ある日、江戸の凶賊がこのあたりに逃げ込んだかもしれないという噂をカケスから聞き、庄屋に伝えるが……。
●「紅蓮白峯」(西條奈加)
あやかしを引き寄せる体質の持ち主である雨月は、兎のあやかしと出会う。彼らの前に「身内に殺められた」という怨霊が現れ、雨月は友人の秋成と兎とともに、怨霊が口にした白峯屋を訪ねる。
続きを読む

商品概要

発行元
PHP研究所
発売日
2022/11/11
ページ数
352p
判型(実寸)
150mm × 105mm
ISBN
978-4-569-90254-8
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
0193 / 31 / みやべみゆき;さいじょうなか;あやかし;なぞとき;なさけ;まんぷく;ねこだまり;もののけ;わらべうた;いやし;ふしぎ;はなごよみ;はらぺこ;きたきた捕物帖;桜ほうさら;初ものがたり;三島屋;子宝船;よって件のごとし;黒武御神火御殿;鯖猫長屋;心淋し川;善人長屋
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト)

ページトップへ