カートに追加しました

卸売市場に希望はあるか

小暮 宣文【著】

発行元:実生社

ジャンル: 理工

流通委託先:トランスビュー

2022/09/01

ISBN: 978-4-910686-04-2

¥ 2,600 (税別)

卸売市場に希望はあるか

小暮 宣文【著】

発行元:実生社

ジャンル: 理工

流通委託先:トランスビュー

2022/09/01

ISBN: 978-4-910686-04-2

¥ 2,600 (税別)

内容紹介

わが国の食と農は、どうあるべきか――かつてない困難に見舞われる青果物の流通業。
2020年に新卸売市場法が施行され、国は卸売市場の運営責任から手を離す荒療治に出た。中央卸売市場や地方卸売市場で営業する卸売業者らは厳しい財務状況下にあり、縁の下の力持ちとして国民の食生活を土台から支えてきた卸売市場の存続が危ぶまれている。

日本農業新聞の記者として青果物卸売市場や関係者を取材して歩いた著者が装飾せず現場を描き、卸売市場の役割を問い直し未来への方策を提言する。
続きを読む

目次

 はじめに
序 いまこそ卸売市場の役割を問い直す

 ◇Part 1  悪化する経営実態に迫る
第1章 卸売市場業者の財務の悪化とその課題
第2章 農協の経営はどうなっているのか

 ◇Part 2 卸売市場と農協の間に横たわる深い溝
第3章 卸売業者と仲卸業者の意識の違い
第4章 卸売市場と農協の現場からみえるもの

 ◇Part 3 農協の販売事業と密接に関わる卸売市場
第5章 農協の「共販三原則」の検証を
第6章 農協の「総合力」をどう発揮させるか
第7章 卸売市場との連携を探るために

 ◇Part 4 卸売市場の存在価値をどう高めるか
第8章 公益性・公共性を担う卸売市場の役割
第9章 卸売市場の「広域連合化」を提唱する

終 変貌する卸売市場

 あとがきー「宝の山」へ再生をめざして
続きを読む

著者略歴

小暮 宣文【著】

1949年生まれ。
農業ジャーナリスト、東京農業大学客員教授。元日本農業新聞論説委員室長、客員論説委員。
専門は青果物流通、卸売市場流通。
続きを読む

商品概要

発行元
実生社
流通委託先
トランスビュー
発売日
2022/09/01
ページ数
200p
判型(実寸)
128mm × 188mm
ISBN
978-4-910686-04-2
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
3061 / 03 / 青果物;卸売市場;新卸売市場法;日本農業新聞;農協;法改正;地方卸売市場

①直取引ルート:トランスビュー

②取次ルート:鍬谷書店(FAX 03-5390-2213)宛にお申し込みください(BookCellarからはご注文いただけません)

ページトップへ