カートに追加しました

慶應義塾とアメリカ

巽 孝之【著】

発行元:小鳥遊書房

ジャンル: 文芸

2022/08/31

ISBN: 978-4-909812-95-7

¥ 2,400 (税別)

 注文不可

慶應義塾とアメリカ

巽 孝之【著】

発行元:小鳥遊書房

ジャンル: 文芸

2022/08/31

ISBN: 978-4-909812-95-7

¥ 2,400 (税別)

 注文不可

カートに入れる

内容紹介

日米慶應の三重文化!
環太平洋的、文化横断的、脱領域的な理論を得て脱アメリカ的アメリカ研究を照射する、そして、福澤諭吉を起源とする文化融合の想像力を見出すための足跡。
慶應義塾大学での最終講義「最後の授業」、著者のライフワーク「作家生命論」を収録!
続きを読む

目次

目次
序 論
最終講義の物語学
第一部
最後の授業—慶應義塾とアメリカ
 0. 序説—最初の授業
 1. ドーデ「最後の授業」と普仏戦争(一八七〇—七一)
 2. 「失われた大義」(the Lost Cause)と南北戦争(一八七—〇七一)
 3. キャプラ「スミス都へ行く」と負け戦
 4. 福澤諭吉の環太平洋スペクトラム—「痩我慢の説」と明治維新(一八六八)
 5. 結語—物語の瞬間
第二部
モダニズムと慶應義塾—世界文学の曙
 0. 序説 福沢諭吉の逆説
 1. 慶應義塾のモダニズム前史
  1—1. 早すぎた碩学:大秀才トマス・サージェント・ペリーの失敗
  1—2. 三田文学の胎動:放蕩息子・永井荷風の成功
 2. ガートルード・スタインとモダニズム最盛期
 3. エズラ・パウンドの極東:ヨネ・ノグチ登場
  3—1. 世紀転換期のジャポニズム
  3—2. フェノロサ・コード
  3—3. 英語俳句の起源:甦る荒木田守武
 4. バベル以後のモダニズム:ヨネ・ノグチから西脇順三郎へ
  4—1. エリオットは蕎麦を食すべし
  4—2. 国際詩人ノグチをめぐる論争
  4—3. 西脇順三郎または引用と翻訳の詩学
 5. 結語 世界文学の曙—西脇順三郎『ヨーロッパ文学』を読む
第三部
作家生命論の環大陸—来るべきアメリカ文学思想史
 0. 序説—漱石、エマソン、ウェルズ
 1. トマス・サージェント・ペリーの社会進化論的文学史 
 2.「作者の死」と作品の再生
 3. トウェインとミレー—円熟期の『晩鐘』
 4. アメリカにおけるミレー神話
 5. ポー、トウェイン、ウォン
 6. 自己剽窃の効用、またはメタフィクションの進化 
 7. 結語—『白鯨』を書く 二十一世紀
終 論
慶應義塾とニューヨーク
慶應義塾とアメリカ関連年表
 Synopsis
続きを読む

著者略歴

巽 孝之【著】

慶應義塾大学名誉教授、慶應義塾ニューヨーク学院長/アメリカ文学思想史専攻/コーネル大学大学院博士課程修了(Ph.D., 1987)/単著に『ニュー・アメリカニズム—米文学思想史の物語学』(青土社、1995年度福沢賞)、『リンカーンの世紀—アメリカ大統領たちの文学思想史』(青土社、2002年/増補新版、 2013年)、『モダニズムの惑星—英米文学思想史の修辞学』(岩波書店、2013年)、『メタファーはなぜ殺される—現在批評講義』(松柏社、 2000年)、『盗まれた廃墟—ポール・ド・マンのアメリカ』(彩流社、2016年)、Full Metal Apache(Duke UP, 2006年)、 Young Americans in Literature (Sairyusha, 2018)。監修に『脱領域・脱構築・脱半球—二一世紀人文学の人文学のために』(小鳥遊書房、2021年)など。編訳にラリイ・マキャフリイ『アヴァン・ポップ』(筑摩書房、1995年/北星堂、2007年)、共編に The Routledge Companion to Transnational American Studies (Routledge, 2019)他多数。
続きを読む

商品概要

発行元
小鳥遊書房
発売日
2022/08/31
ISBN
978-4-909812-95-7
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
0098

ページトップへ