カートに追加しました

日本チェンバロ協会 年報 2022 第6号

日本チェンバロ協会【編集】

発行元:日本チェンバロ協会

ジャンル: 芸術

2022/05/20

ISBN: 978-4-86559-257-3

¥ 2,800 (税別)

日本チェンバロ協会 年報 2022 第6号

日本チェンバロ協会【編集】

発行元:日本チェンバロ協会

ジャンル: 芸術

2022/05/20

ISBN: 978-4-86559-257-3

¥ 2,800 (税別)

内容紹介

すべてのチェンバロ演奏家・研究者・愛好家のために──
日本のチェンバロ研究の最前線を伝える唯一のジャーナル。

第6号はオンラインで開催された「チェンバロの日! 2021」を特集。同イヴェントでおこなわれた渡邊順生氏のレクチャー・コンサート「ルッカースのチェンバロの世界」(聞き手:鴨川華子)および渡邊温子氏の「故国を離れて活躍した音楽家たち」の2講演を掲載しました。
研究論文は、前号に続いての野村滿男氏によるルッカース・ファミリー研究のほか、三島郁氏のハイニヘン研究、髙久暁氏のハーリヒ=シュナイダー論の前編。
研究レポートは、前号にひきつづき安川智子氏によるサン=サーンスのピリオド奏法研究についての考察を掲載。
その他、書評、アトリエ訪問、海外レポート、会員の録音物紹介など、チェンバロやフォルテピアノにかんする最新の研究・情報を満載した充実の内容となっています。

日本チェンバロ協会 公式ウェブサイト:
https://japanharpsichordsociety.jimdo.com/
続きを読む

目次

第6号の刊行によせて(副会長・年報編集委員長 久保田慶一)

特集 チェンバロの日!2021
レクチャー・コンサート:ルッカースのチェンバロの世界(渡邊順生/聞き手:鴨川華子)
講演:故国をはなれて活躍した音楽家たち(渡邊温子)

研究論文
ルッカース・ファミリーの歴史と楽器(その1)(野村滿男)
ハイニヘンの「ゲネラルバス/パルティメント」──鍵盤上の指から生まれる作曲行為(三島郁)
虚実皮膜の間を奏でる──エタ・ハーリヒ=シュナイダーの第1次日本滞在期(1941-1949)の演奏活動をめぐって(その1)(髙久暁)

研究ノート
カミーユ・サン゠サーンスにとっての「古楽」と「古典」──ピリオド奏法研究の先駆者として(その2)(安川智子)

海外レポート
コロナ禍の海外留学──アムステルダムでの1年を終えて(後藤早恵)

書評・書籍紹介
赤塚健太郎『踊るバロック:舞曲の様式と演奏をめぐって』(アルテスパブリッシング、2021)(中田聖子)
青山一郎『1冊でわかるピアノのすべて:調律師が教える歴史と音とメカニズム』(アルテスパブリッシング、2021)(中川岳)

アトリエを訪ねて(6)横田誠三(津屋式子、中川岳)

会員録音物紹介
桒形亜樹子『J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集第2巻』
辰巳美納子『J.S.バッハ/ゴルトベルク変奏曲』
土居瑞穂『ヘンデル/リコーダー・ソナタ集』
渡邊温子『少女とぼろぼろの文庫本』
渡邊順生『J.S.バッハ/フーガの技法』

日本チェンバロ協会活動記録(2021年度)
日本チェンバロ協会会則
日本チェンバロ協会「年報」規定
日本チェンバロ協会「年報」投稿規定
日本チェンバロ協会 2021年度年報編集委員・役員・運営委員
編集後記
続きを読む

商品概要

発行元
日本チェンバロ協会
発売日
2022/05/20
ページ数
142p
ISBN
978-4-86559-257-3
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
1073 / 12

直接取引(70%・買切り・1冊から受注)、または楽天BN・JRC・大阪村上楽器・松沢書店・プリマ楽器からお納めします。日販・トーハンは松沢書店経由となります。※トランスビュー取引代行には参加していません。

ページトップへ