カートに追加しました

共に揺れる、共に育つ

杉原 米和【著】

発行元:りょうゆう出版

流通委託先:トランスビュー

2021/11/15

ISBN: 978-4-910675-00-8

¥ 1,600 (税別)

共に揺れる、共に育つ

杉原 米和【著】

発行元:りょうゆう出版

流通委託先:トランスビュー

2021/11/15

ISBN: 978-4-910675-00-8

¥ 1,600 (税別)

内容紹介

現代は、教師も親もそれぞれの「場所」で子供の教育に迷う時代です。能登半島の高校在学中に教員を目指し40年。いまも現場で活躍する著者のアドバイスは「悩みながら子供と共に揺れ、成長し、そして子供から学ぶ」こと。
学校現場での生徒や保護者との交流で得た貴重な経験、国語教師として近代日本文学を研究するなかでの発見、そして読書のなかで出会った先達の言葉など、多彩な経験と研究のなかから生まれた本書は、現役教員にも教員を目指す学生にも、保護者の皆さんにも、きっと役に立つでしょう。
著者は、石川県七尾市に生まれ、能登を自らの原点として育ち、七尾高校から金沢大学教育学部、早稲田大学専攻科をへて都内の私立中学、高校で国語科教師として40年余り教壇に立ち、その間、副校長や幼稚園長なども務めてきました。、現在は東洋大学、江戸川大学で教員志望の学生の指導を携わりながら、石川県の魅力を伝える活動も続けています。第6章では、能登半島や金沢の街の自然や風土、人の姿などを描いていて、本書の魅力の一つとなっています。

【目次から】
序章 コロナ禍のもとの教育
第一章 自分を掘る-学びの場から
第二章 揺れながら待つ-教師という道
第三章 共に育つ-子供と親と教師と
第四章 人の心組み-詩とともに
第五章 本の世界へ旅する
■私の本棚 ブックレビュー 
第六章 言葉の杖-故郷を想う
■言葉を杖として
■故郷を想う
あとがき
続きを読む

目次

序章 コロナ禍のもとの教育
「待つ」
授業の楽しみ
薔薇の蕾のような存在-教育実習生 
教師の眼差し
教師に必要な力
緑蔭に憩う
出会いは楽しい

第一章 自分を掘る-学びの場から
自分を掘る
感性を育てる
関係を育む
二十代の自分に出会う
平和を語り継ぐ-長崎への旅
学校はいたるところにある
いそがなくてもいいんだよ
人が変わるところに付き合う
夜空の星-教師だった義姉の宝物
黒板に向かって

第二章 揺れながら待つ-教師という道
「守破離」
魅力ある先生とは
揺れながら待つこと-初めての教壇
「震える弱いアンテナ」を持つ
職人のように
感情を耕す
失敗から学ぶ
答えは自分の中に
鳥の目と虫の目
逆説と内省
過去の自分と出会う
得手に帆を揚げる
私の中の大きな学校
学校の個性、学校文化 
人は一艘の舟、学校は港である
人は何度でもリセットできる

第三章 共に育つ-子供と親と教師と
教育は「共育」
選ぶことは喜びである
親子関係の気づき
自尊感情を育てる
子供たちの才能はさまざまである
道は近きにあり
平凡な日々などはなく
花のような言葉
言葉を変換する
橋を架ける
子供たちから生きるヒントを学ぶ
「潜行密用」
「そりゃいいね」-進歩は楽観主義から
言葉だけが「言葉」ではない

第四章 人の心組み-詩とともに
他人は自分の鏡
自分と出会う
心を塗り潰さない
出会いの「学校」
空の広さに憧れる
「お先にどうぞ」の心
ハンゲショウ
求めない――
変化と不変
心の貯金
空に聞く
イメージで遊ぶ
寄り道を楽しむ
マイナスがプラスに
寅さんと山頭火
眼差しの優しさ

第五章 本の世界へ旅する
「志」をつなぐリレー
言の葉の世界へ
父親としての鷗外
漱石の恋人
実篤への旅
さよならだけが人生だ
良寛-愚の自覚と自在な精神
寄り道も小さな旅
花がつないだもの
むずかしいことをやさしく

■私の本棚 ブックレビュー 
子供への眼差し
★中川李枝子『子供は みんな 問題児。』
★灰谷健次郎『子どもに教わったこと』
★おほ しんたろう『学校と先生』
★瀬尾まいこ『ありがとう、さようなら』
先達からの贈り物
★山本有三『米百俵』
★志村ふくみ『伝書 しむらのいろ』
★小島寅雄『大愚 仏に向かう心』
★福田和也『人間の器量』
しなやかな心へ
★茂木健一郎・重松清『涙の理由』
★エバレット・ケネディ・ブラウン『失われゆく日本〜黒船時代の技法で撮る〜』
★佐藤文隆、高橋義人『10代のための古典名句名言』
★野矢茂樹『哲学な日々 考えさせない時代に抗して』
悩みに向かう読書
★佐治守夫『カウンセリング入門』
★河合隼雄『こころの処方箋』
★辰濃和男『私の好きな悪字』
★小澤竹俊 『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』
すばらしき絵本
★レオ・レオニ『フレデリック』
★『ハチドリのひとしずく』
★奈良美智『ともだちがほしかったこいぬ』
★佐野洋子『だってだってのおばあさん』

第六章 言葉の杖-故郷を想う
ある高校教師の言葉
■言葉を杖として
方向転換
忘筌
「民々と呼ぶ」
春雷
感じて動く
逢花打花逢月打月
一苦一楽
行路離
事実は味方
学ぶことは遊ぶこと
自分に由り、自分を信じる
■故郷を想う
犀川
心の中の雪景色
雪明かりの路
雪の日の思い出
階段の踊り場
風花の舞う街
感化力
北の都に秋たけて
能く登る
「能登はやさしや」
波に向かう船

あとがき
続きを読む

著者略歴

杉原 米和【著】

1956年石川県七尾市生まれ。金沢大学教育学部中等国語課程卒業。早稲田大学国語国文学専攻科修了後、京北学園で国語を担当。京北学園白山高等学校副校長、京北幼稚園長、東洋大学京北学園白山高等学校副校長、東洋大学京北中学校副校長を経て、現在は、東洋大学教職センター専門員、江戸川大学講師として教職志望の学生の指導に携わる。中高教員時代に勤務のかたわら、青山心理臨床教育センターをはじめ7年間カウンセリング研究所で学ぶ。産業カウンセラー、日本カウンセリング学会会員。
いしかわ観光特使、石川県人会常任理事など、石川県の情報発信を教育とともにライフワークにしている。
著書に「関係をはぐくむ教育」(EDI)、「加能作次郎ノート」(武蔵野書房)、「ミリアニア石川の近代文学」(共著・能登印刷出版部)、「白山の丘の上から 生徒と共に生きる」(みくに出版)。
続きを読む

商品概要

発行元
りょうゆう出版
流通委託先
トランスビュー
発売日
2021/11/15
ページ数
208p
判型(実寸)
188mm × 127mm
ISBN
978-4-910675-00-8
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
0037 / 16 / 教育;学校;授業;教員;教師;親子関係;教職;先生;中学;高校;教員養成;カウンセリング;能登;金沢;能登半島;京北;東洋大学;金沢大学
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト)

ページトップへ