カートに追加しました

震災と保育

磯部 裕子【著】

発行元:ななみ書房

ジャンル: 教育

2016/04/25

ISBN: 978-4-903355-52-8

¥ 700 (税別)

震災と保育

磯部 裕子【著】

発行元:ななみ書房

ジャンル: 教育

2016/04/25

ISBN: 978-4-903355-52-8

¥ 700 (税別)

内容紹介

震災で全てを失い、命だけが残った。何もないところからスタートせざるを得ない保育の現場に、復旧が復興になって段階を経るごとに、新たな問題が発生する。
それはより複雑化し個別化し保育の現場をより混乱させた。そんな中「みやぎ・わらすっこプロジェクト」を立ち上げ、ニーズの分析と支援の窓口を行った著者が、被災地の生の声をここに書き下ろす。
保育だけにとどまらない、人が暮らしていくことが密接に絡む復興。無から始まることに保育の、そして人が生きることの本質が問われている。

もくじ:
Ⅰ はじめに
Ⅱ 一つ一つの情報を頼りに
   1 何もかも手探りの状況下で
   2 「みやぎ・わらすっこプロジェクト」立ち上げへ
   3 大切な人を探す
Ⅲ 「子どものために」 ― 支援とは何かを問いながら
   1 変化する支援とあらたな混乱
   2 支援の形を変える
Ⅳ 保育再開に向けて ― 一つ一つ前へ
   1 日本の保育制度の課題
   2 保育の再開と回復
   3 ようやく実現した仮設園舎の建設
   4 支援をつないで ― 本園舎建設へ
   5 休園という選択
Ⅴ 再生の道のり ― 保育の再生とは何か
Ⅵ おわりに
続きを読む

目次

Ⅰ はじめに
Ⅱ 一つ一つの情報を頼りに
   1 何もかも手探りの状況下で
   2 「みやぎ・わらすっこプロジェクト」立ち上げへ
   3 大切な人を探す
Ⅲ 「子どものために」 ― 支援とは何かを問いながら
   1 変化する支援とあらたな混乱
   2 支援の形を変える
Ⅳ 保育再開に向けて ― 一つ一つ前へ
   1 日本の保育制度の課題
   2 保育の再開と回復
   3 ようやく実現した仮設園舎の建設
   4 支援をつないで ― 本園舎建設へ
   5 休園という選択
Ⅴ 再生の道のり ― 保育の再生とは何か
Ⅵ おわりに
続きを読む

著者略歴

磯部 裕子【著】

聖心女子大学文学部教育学科卒業ののち,8年間保育者生活を送る。その後、青山学院大学院前期博士課程,後期博士課程修了。現在,宮城学院女子大学児童教育学科教授。

専門は,保育のカリキュラム論,環境論。本務校で保育者養成に携わりながら,保育者と共に、実践研究を進めている。

2011年東日本大震災後に,被災地の保育を再生するために仲間と共に,「みやぎ・わらすっこプロジェクト」をたちあげ,代表を務める。

著 書 
『教育課程の理論』(萌文書林 2003)(単著)
『食からひろがる保育の世界』(ひとなる書房 2007)(共著)
『脱学校化社会の教育学』(萌文書林 2009)(共著)

みやぎ・わらすっこプロジェクト
(http://www.h4.dion.ne.jp/~aomushi/warasukko_top_page.html)
代 表:磯部裕子(宮城学院女子大学 教授)
副代表:小島 芳(幼保連携型認定こども園 みどりの森 園長)
主たるメンバー:認定向山こども園/幼保連携型認定こども園みどりの森/
        宮城学院女子大学学生・教員有志
続きを読む

商品概要

発行元
ななみ書房
発売日
2016/04/25
ページ数
68p
ISBN
978-4-903355-52-8
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
3037 / 16

ページトップへ