カートに追加しました

ウイルス

武村政春【監修】 宮沢孝幸【監修】

発行元:技術評論社

ジャンル: 理工

2020/09/28

ISBN: 978-4-297-11513-5

¥ 2,680 (税別)

ウイルス

武村政春【監修】 宮沢孝幸【監修】

発行元:技術評論社

ジャンル: 理工

2020/09/28

ISBN: 978-4-297-11513-5

¥ 2,680 (税別)

内容紹介

全世界で猛威をふるう新型コロナウイルス。
おかげで「ウイルス」という言葉にすっかり慣れてしまいましたが……ウイルスってそもそも一体何?
細菌と何が違うの?
ウイルスは生物なの? 単なる物質なの?
ウイルスの変異変異って、そもそも変異って何?

私たちの身の周りにもたくさん存在するウイルス。
ある意味とても身近なものなのに、“ウイルス”の実態はほとんど理解されていません。
ウイルスの実態をもっとよく知ってほしい・・・・・・ということで生まれたのが『ずかんウイルス』です。

この本は、“ウイルスそのもの”に注目。
美しい写真をメインに、コミカルなイラストとともに、ウイルスをわかりやすく解説。

「細菌とウイルスの違いって何?」
「カプシドやらエンベロ―プってなんぞ?」
「DNAウイルスやらRNAウイルスって……何それ?」
「ウイルスは人に悪さばかりするの?」

ウイルスにまつわる数多くの疑問も、本書を読めばよくわかる!
身近にあふれるウイルスの世界を、存分にご覧ください。


★『ずかん ウイルス』のココを見てほしい★
◆有名どころからマイナーなウイルスまで幅広く掲載。かなりスゴいぞ!
◆コミカルなイラストとわかりやすい文章で、ウイルスのことがよくわかる。
◆あまり知られていないウイルスの利用法もばっちり掲載。
◆パンデミックの歴史からウイルス発見史も。調べ学習にも最適!
続きを読む

目次

■1章 ウイルスって何だろう?
ウイルスは悪者なの?
ウイルスの大きさ
目に見えなくてもそこら中にいるウイルス
ウイルスの構造
ウイルスは物質
ウイルスのふえ方
ウイルスのなかま分け
ウイルスQ&A

・特集 小さすぎて色もない
・コラム セントラルドグマ
・コラム PCRのしくみ


■2章 人に感染するウイルスずかん
アデノウイルス
単純ヘルペスウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
サイトメガロウイルス
天然痘ウイルス
ヒトパピローマウイルス
JCウイルス
ロタウイルス
ヒトライノウイルス
ポリオウイルス
ヒトコロナウイルス
SARS コロナウイルス
 MERS コロナウイルス
 新型コロナウイルス

・特集 ウイルスによるパンデミックの歴史
・特集 ウイルスの発見
・特集 人の体とウイルス
・特集 感染経路のいろいろ
・特集 ワクチンと薬①……ワクチン
・特集 ワクチンと薬②……抗ウイルス薬
・コラム 感染症の法律

C型肝炎ウイルス
日本脳炎ウイルス
ウエストナイルウイルス(西ナイルウイルス)
デングウイルス
黄熱ウイルス
ジカウイルス
ノロウイルス
風疹ウイルス
チクングニアウイルス
インフルエンザウイルス
 鳥インフルエンザ
麻疹ウイルス
ムンプスウイルス
ラッサウイルス
エボラウイルス
マールブルグウイルス
ハンタウイルス
ヒトT細胞白血病ウイルス
ヒト免疫不全ウイルス

・コラム ウイルスにかかわる機関
・コラム バイオセーフティレベル
・コラム 病気の原因はウイルス? 細菌?


■3章 動物に感染するウイルスずかん
牛痘ウイルス
アフリカ豚熱ウイルス
ラナウイルス
口蹄疫ウイルス
牛疫ウイルス
狂犬病ウイルス

・コラム ウイルスを運ぶ動物たち

リフトバレー熱ウイルス
ラウス肉腫ウイルス

・特集 ウイロイドとプリオン
・特集 人と動物の共通感染症
・特集 ペットがかかるウイルスの病気
・コラム 昆虫をあやつるウイルス


■4章 植物や細菌に感染するウイルスずかん
タバコモザイクウイルス
トマト黄化えそウイルス
カリフラワーモザイクウイルス

・コラム チューリップを美しくしたウイルス

腸内細菌ファージラムダ
腸内細菌ファージ T4

・特集 ウイルスの利用①
・特集 ウイルスの利用②
・コラム おもしろいウイルス


■5章 巨大ウイルスとこれからのウイルス研究
巨大ウイルスとは?

・コラム こちらウイルス研究室

ミミウイルス
パンドラウイルス
ピソウイルス
トーキョーウイルス
メドゥーサウイルス

ウイルス研究から生命の進化を考える①
ウイルス研究から生命の進化を考える②
ウイルスと地球
続きを読む

著者略歴

武村政春【監修】

武村政春(たけむら・まさはる)東京理科大学理学部教授。博士(医学)。専門は巨大ウイルス学、分子生物学、細胞進化学。巨大ウイルスの生態・進化と、巨大ウイルスが真核生物の進化にどのような役割を果たしてきたかに興味をもち、研究を行っている。『生物はウイルスが進化させた』『新しいウイルス入門』(ともに講談社ブルーバックス)、『レプリカ(文化と進化の複製博物館)』(工作舎)、『ベーシック生物学』(裳華房)など著書多数。妖怪にも造詣が深く、『ろくろ首の首はなぜのびるのか』(新潮新書)などの著書もある。

宮沢孝幸【監修】

宮沢孝幸(みやざわ・たかゆき)京都大学ウイルス再生医科学研究所附属感染症モデル研究センター准教授。博士(獣医学)。ウイルスを単なる病原体としてだけではなく、地球生命全体からウイルスの存在意義を考察するウイルス共進化分野を主宰し、おもに内在性レトロウイルスによる動物の進化について研究。ウイルスの「真の姿」を多くの人に知ってもらいたいと願っている。新型コロナウイルス感染防止にも尽力。日本獣医学会賞、ヤンソン賞などを受賞。愛猫家。
続きを読む

商品概要

発行元
技術評論社
発売日
2020/09/28
ページ数
128p
ISBN
978-4-297-11513-5
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
0645 / 17 / 進化型コロナウイルス;パンデミック;インフルエンザ;感染症;細菌
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト)

ページトップへ