カートに追加しました

毎日あほうだんす 

Gill, Tom, 1960-

発行元:キョートット出版

ジャンル: 人文

流通委託先:トランスビュー

2020/10/16発売

¥ 1,800 (税別)

搬入日(直取引):■受注締切=平日15:30→当日に発送(翌営業日正午までにステータスを「出荷完了」に変更します)

搬入日(取次):注文日の翌々営業日に取次搬入いたします。※営業日:月~金(祝日のぞく) 例)金曜日にご注文→翌週火曜日に取次搬入

毎日あほうだんす  横浜寿町の日雇い哲学者 西川紀光の世界

Gill, Tom, 1960-

発行元:キョートット出版

ジャンル: 人文

流通委託先:トランスビュー

2020/10/16発売

¥ 1,800 (税別)

搬入日(直取引):■受注締切=平日15:30→当日に発送(翌営業日正午までにステータスを「出荷完了」に変更します)

搬入日(取次):注文日の翌々営業日に取次搬入いたします。※営業日:月~金(祝日のぞく) 例)金曜日にご注文→翌週火曜日に取次搬入

内容紹介

ドヤ街の社会調査を続ける著者は、ある朝、横浜寿町の労働センター前で、奇妙な男に英語で話しかけられる。
彼の名は西川紀光(キミツ)。海と焼酎を愛する港湾労働者。彼は膨大な量の読書で世界の思想とつながり、独特の哲学を紡いでいた。
交流を深めるうち、著者はキミツの言葉を文字に残したいと強く思う。
聞き取りの時間が始まった。
あるときは喫茶店「亜歩郎(あぽろ)」で、あるときはドヤ(宿)で、あるときは山下公園で———

この本は天才キミツの人生と哲学の書であり、22年にわたる2人の友情の記録である。


第1版(2013年)の刊行から7年が経ち、大幅な増補を伴う完全版として刊行した。
聞き書き前のエピソードをいれ、「実存主義、20世紀最後のヒーロー」たる紀光の姿を活写する。
また、聞き書き後のことや家族からの証言も加わり、紀光の視線から日本社会を知る貴重な「一人民族誌」となっている。
続きを読む

目次

紀光を紹介します 
 西川紀光という男/1995年の紀光/寿の哲学/港湾労働について/長男、そして人生への罰/トムとキミツ/再会
2007年、紀光の証言
 テッポウで故郷へ/5歳が黄金時代/中学生のころ/自衛隊に入って/あほうだんす/港湾労働の良さ/天気が良くて/海の冒険譚/母の3回忌/アフォーダンスとオートポイエーシス/寿のこと/コリン・ウィルソンについて/刑務所のこと、女のこと/イギリスの高校生へ/ホッファーについて/寝ると夢を見る/因果応報について
社会人類学からみた紀光
聞き書きの後のこと
 2007~2011/寿町の変化/紀光の新生活/お姉さんの話/本ができた/紀光最期の日々
あとがき
続きを読む

商品概要

発行元
キョートット出版
流通委託先
トランスビュー
発売日
2020/10/16
ページ数
224p
判型(実寸)
210mm × 138mm
ISBN
978-4-9902637-6-8
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード
0036
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト)

・直接取引の場合は、トランスビュー経由でお届けします。
・取次ルートの場合は、地方・小出版流通センター経由(トランスビューは関わりません)です。
・買切で4冊以上の場合は版元より直送もできます。

ページトップへ