カートに追加しました

パフェ沼 フルーツパーラーゴトー・フルーツパフェ溺愛誌

パフェ沼 フルーツパーラーゴトー・フルーツパフェ溺愛誌

秋田麻早子【著】 斧屋【著】 樋上公実子【著】 堀田季何【著】 餅井アンナ【著】 岩本竜典【写真】

発行元:ビーナイス

2020/12/01

ISBN: 978-4-905389-45-3

¥ 1,800 (税別)

内容紹介

ビーナイスではこれまでに、浅草フルーツパーラpゴトーのフルーツパフェに特化した樋上公実子『フルーツパフェ逍遥』『フルーツパフェ幻想』を刊行してきましたが、今回、そのパフェを溺愛する作家・クリエイターが集結。フルーツパーラーゴトーのフルーツパフェだけを紹介し、論じるかつてない本が誕生しました!カバーのその「沼」を覗き見るような特製カバーで広げるとポスターにもなります。

『パフェ本』(小学館)のパフェ評論家・斧屋、
『絵を見る技術』(朝日出版社)の秋田麻早子、
『惑乱』(書肆侃侃房)の堀田季何、
『へんしん不要』(タバブックス)の餅井アンナ、
キヤノン新世紀奨励賞の写真家・岩本竜典、
他のラインナップ。
印刷は藤原印刷。
魅惑のパフェの世界にどっぷりと!
続きを読む

目次

樋上公実子×秋田麻早子 
フルーツパーラーゴトーのいちごパフェ

斧屋 
パフェのうねりの渦の中

堀田季何 
短歌 並んでパフェ

餅井アンナ 
死の淵で踊りをおどるパフェ—
樋上公実子『フルーツパフェ逍遥』にあてて

妄想パフェ

秋田麻早子 
パフェを見る技術

岩本竜典 
フルーツパーラーゴトー
写真コレクション
続きを読む

著者略歴

秋田麻早子【著】

美術史研究家。テキサス大学オースティン校美術史学科修士課程修了(MA)。2015年から「いい大人が学びを遊ぶ」をコンセプトにした麹町アカデミアで始めた『センスや直感や専門知識に頼らない絵の見方講座』をまとめた『絵を見る技術』(朝日出版社)を2019年に出版。デスクからパフェまでなんでも絵に喩えてしまう。

斧屋【著】

パフェ評論家、ライター。東京大学文学部卒業。 著書に『東京パフェ学』(文化出版局)、『パフェ本』(小学館)がある。 2020年までに2700本以上のパフェを実食、一日平均一本のペースでパフェを食べ続けている。パフェの魅力を多くの人に伝えるために、雑誌やラジオ、トークイベントなどで活動している。

樋上公実子【著】

画家。東京生まれ。関西学院大学ドイツ文学科卒業。代表作に『バンビと小鳥』(絵・文 樋上公実子/ポプラ社)『おとぎ話の忘れ物』(文・小川洋子/集英社・ポプラ文庫)、『チョコレータひめ』(文・もとしたいづみ/教育画劇)、『柘榴姫社交倶楽部』(文・水城せとな/講談社)ほか。チョコレート専門店『テオブロマ』のパッケージイラストや、 本の装丁画なども手掛けている。

堀田季何【著】

歌人、俳人。国際的な環境で育つ。著書に歌集『惑亂』、句集『亞剌比亞』、共著に『新興俳句アンソロジー』他。短歌により日本歌人クラブ東京ブロック優良歌集賞、石川啄木賞、俳句により芝不器男俳句新人賞奨励賞。『楽園』主宰、『短歌』同人、『扉のない鍵』別人。

餅井アンナ【著】

ライター。宮城県出身。食べること、性、ままならない生活についての文章を中心に執筆。連載に「妄想食堂」(wezzy)、自主制作冊子に『食に淫する』『明け方の空腹』など。タバブックスより初の単著『へんしん不要』を刊行。

岩本竜典【写真】

写真家。宮崎県出身。写真学校、カメラマンアシスタントを経てフリー。2000年度キャノン写真新世紀、佳作、奨励賞受賞。 広告、ビューティーを中心に活動中。岩本竜典写真事務所作品集『ちづる』が、東京TDC賞 2013入選およびLOCUS DESIGN FORUM[書・築]展ブックデザイン国際公募入選。『缶づめ寿司』、ポストカードブック『モンスターメイカー』、写真絵本『恋するモンスター』(いずれもビーナイス刊行)他。
続きを読む

商品概要

発行元
ビーナイス
発売日
2020/12/01
ページ数
48p
ISBN
978-4-905389-45-3
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
1077 / 07
読者対象/成人指定
指定なし(デフォルト)

ビーナイスの刊行書籍は
1 取次JRCを通してのお取引(全ての取次に出荷可能です)
2 直取引(買切りのみ)の
2つのルートでの取引が可能です。

直取引の場合は、合計で3冊以上のご注文から承っております。
(送料弊社負担)

直取引をご希望の場合は、詳細をお伝えしますので、
message@benice.co.jp
までお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ