カートに追加しました

ロマン・ガリ【著】 永田 千奈【翻訳】

発行元:共和国

流通委託先:トランスビュー

2020/02/12

ISBN: 978-4-907986-61-2

¥ 2,700 (税別)

ロマン・ガリ【著】 永田 千奈【翻訳】

発行元:共和国

流通委託先:トランスビュー

2020/02/12

ISBN: 978-4-907986-61-2

¥ 2,700 (税別)

内容紹介

戦後フランスの代表する作家ロマン・ガリ(1914-80)が、自殺する直前に遺した最後の長篇小説(原著1980年刊)。
稀代の凧揚げ名人を叔父にもつ主人公の少年リュドは、ポーランド人の令嬢リラに恋をするが、対ナチス戦によって2人は引き裂かれる。リラへの思いを募らせるリュドは、凧がふたたび自由に空を舞う日を取り戻すためにレジスタンスへと身を投じるが、それはフランス=善/ナチス=悪という図式が崩壊してゆく過程でもあった……。
日本でも再評価著しい作者の遺作。
小社刊『夜明けの約束』映画化上映(『母との約束、250通の手紙』、配給=松竹)記念出版。
続きを読む

著者略歴

ロマン・ガリ【著】

出生名、ロマン・カツェフ。
フランスの小説家、映画監督、外交官。
1914年、ロシア帝国領ヴィリア(現在のリトアニア共和国ヴィリニュス)に生まれ、
1980年、パリの自宅で自殺。
1935年、フランス国籍を取得。第二次世界大戦では空軍に参加し、対独戦に従事。
戦後は外交官として各国を転任しつつ、戦後フランスを代表する小説家として活躍する。
主な作品に、
『白い嘘』(1944)、
『自由の大地』(1956、ゴンクール賞受賞)、
『夜明けの約束』(1960/1980、小社刊)
『白い犬』(1970)、
『これからの一生』(エミール・アジャール名義、1975、ゴンクール賞受賞)、
『ソロモン王の苦悩』(エミール・アジャール名義、1979)がある。
自作の短篇小説を原作にした映画『ペルーの鳥』(1965)では、
妻ジーン・セバーグを主演に監督を務めた。

永田 千奈【翻訳】

翻訳家。早稲田大学第一文学部卒業。
訳書に、
モーパッサン『女の一生』(光文社古典新訳文庫、2011)、
デュラン他『海賊と資本主義』(CCCメディアハウス、2014)、
ゲノ『戦地からのラブレター』(亜紀書房、2016)
ユバン他『クリトリス革命』(太田出版、2018)など多数がある。
続きを読む

商品概要

発行元
共和国
流通委託先
トランスビュー
発売日
2020/02/12
ページ数
316p
判型(実寸)
188mm × 150mm
ISBN
978-4-907986-61-2
セット商品分売可否
単品分売不可
Cコード/ジャンルコード/ キーワード
0097 / 01

ページトップへ