IMG
沖縄戦時の県知事、島田叡が「島守」と呼ばれ称賛される流れに異論を提示する。戦時の内務官僚に知事としての戦争責任はないのか。資料を読み解き、歴史的事実を踏まえて継承する重要性を、軍事化する現代に問う。 〈目次〉 序章 沖縄戦と向き合うということ 第一章 県知事島田叡と北部疎開の実相 第二章 知事と警察部長による県民の戦場動員 第三章 島田叡の経歴と思想 第四章 内務官僚・警察官僚が果たした役割 終章 何が問題なのか 資料編
2024/04/22公開

カートの中身

ページトップへ